カテゴリー別アーカイブ: 未分類

専業主婦でもかりれると、借り入れを安易に誘うテレビCM

総量規制により、無職の方のキャッシング審査が厳しくなっています。それ以前は自分名義のクレジットカードを作成する場合の審査が比較的容易に通った為、専業主婦でも複数枚のキャッシング枠付きクレジットカードを持つのが普通でした。生活費や教育費が足りないと、数万円単位で借り入れをし、返済のため別のカードのキャッシング枠を利用して返済を繰り返す技を使う人も多かったのです。そんな、ちょっと足りないお金を融通してもらえる便利な事も総量規制で出来なくなり、困った人が出てきました。
収入の三分の一の借り入れに規制されると、法律上は無職の人の借り入れが出来なくなります。しかし、実際は、配偶者や親などが保証人となり、数十万円のキャッシング枠を設定することは可能です。そこで、さかんにテレビCMで、「専業主婦でもかりれる」と流しているのです。
専業主婦でもかりれる枠を設定してもらって、やりくりをしたとしても、生活費を使いこんでしまうと返済に困るのは明らかでしょう。事情があって仕事に就けない人も多いようですが、まずは、専業主婦であっても収入を得る道を探した方が良いと思われます。借金がふくらみ、高金利の消費者金融に走るケースでは、安易にお金を用立ててもらいたいとの甘い考えが根底に有るものです。そのお金を、生活費以外の遊行費に使ってしまう人も目立ちます。借りたお金を自分のお金だと勘違いする人が少なからずいるのも現実です。専業主婦でもかりれると、テレビCMで流すことは、もっと慎重に行った方が良いかもしれません。

こちらに銀行からお金を借りるについて詳しく書いています。

専業主婦でもかりれるネットバンク系カードローンのメリットとデメリット

2010年6月に総量規制という法律が制定されて以降、収入がない人の借金が大変難しくなりました。
総量規制は、借金できる上限額を年収の3分の1までの金額に制限する法律なので、収入がゼロの人はおのずと借り入れ可能額もゼロになってしまうためです。
しかし、いくら収入がないとはいえ、家計を預かることが多い主婦の方が、なんらかの事情でお金が必要となったときに、お金を借りられないというのでは、本当に困りますよね。
そんなときに知っておくと便利なのが、銀行系カードローンです。
銀行系カードローンは、実は総量規制の対象にはなっていないカードローンなので、配偶者の年収をベースに専業主婦でもかりれる方法なのです。
しかも、配偶者の方の収入証明書や同意書は必要ないので、ご主人に内緒で借り入れを申し込むことも可能です。
そして、もともと銀行系カードローンは消費者金融のものに比べても、比較的金利が低いのが特徴なのですが、ネットバンク系のカードローンの場合はさらに金利が優遇されていることが多いです。
それは、ネットバンク系は銀行窓口などを基本的に設けていないため、人件費が少なくて済むため、この部分がカードローンの金利に反映されているのです。
ただし、銀行窓口がないということは、すべてインターネット上で手続きをしなければならないということであり、インターネット接続環境がない人や操作が苦手な人には向かない、というデメリットもあるのです。

しかし、銀行系カードローン(なかでもネットバンク系)は、専業主婦でもかりれるうえに、利息が低いというメリットもあるため、知っておくと大変便利な借り入れ方法です。

ATMから申し込める専業主婦でもかりれる借り入れ先とは

2010年に総量規制という法律が制定され、借金は年収の3分の1までの金額と決められました。
これにより、収入のない専業主婦は自動的に借金ができないということになり、一時マスコミにも騒がれて話題になりました。
家計を預かることが多い専業主婦の方が、なにかあったときにお金を借り入れる機関がないとなると、家族の生活が立ち行かない状況になる可能性もありますよね。

そんなときに知っておくと便利なのが、『銀行系カードローン』です。
銀行系カードローンは総量規制の対象とはなっていないカードローンなので、収入のない専業主婦でもかりれるのです。
配偶者の年収をベースに借り入れの申込みをすることができ、手続きの際にも配偶者の収入証明書や同意書などの面倒な書類も必要ありません。
基本的にパスポートや運転免許証などの身分を証明する書類のみで手続きをすることが可能です。
申込みは自宅でインターネットから行うこともできますし、インターネットの接続環境がない方であれば、銀行に設置してある専用のATMからも申込みが出来ます。
審査もとてもスピーディなので、即日融資を受けることが可能なので、すぐに現金を手にしたい方には大変便利です。
さらに、利息も比較的低く設定されているので、その点もうれしいですね。

銀行系カードローンは、計画的に利用することさえ気をつければ、とても便利な存在です。
このような専業主婦でもかりれる方法を知っていれば、なにかあったときにとても安心だと思うので、覚えておくと良いでしょう。

専業主婦でもかりれる?ネットバンク系での借り入れ利用時のメリット

IT化の普及により、近年急増し注目を集めているのがネットバンクです。
ネットバンクは、窓口店舗を持たない、インターネット専門の銀行を指します。入出金は提携銀行、郵便局、コンビニのATMから行われます。店舗がない為、維持費や人件費のコストがかかりません。メリットとして、その分を顧客サービスへ還元することが出来ます。
ネットバンクは一般銀行に比べ、いくつかの大きな特徴があります。
まず、24時間365日利用可能です。各種手数料が低めに設定され、逆に預金金利は高めに設定されています。また、振込、振替、入出金照会など一通りの手続きがパソコン、携帯を通してネット上で行うことが出来ます。
カードローンには様々な種類が存在しますが、その1つにネットバンク系があります。提供元はネットバンクですが、提供パターンとして、銀行自ら行う場合と、提携金融機関が行う場合が挙げられます。
このサービスに関し、借り入れる際のメリットを順番に説明していきます。
まず1つ目は、金利が低い点です。一般的に銀行系の金利は他の金融会社に比べて低めに設定されています。ネットバンク系は、ネットバンクの特性上更に低めの設定が可能と言えます。
2つ目は、借り入れ、返済が便利であるという点です。パソコン、携帯から即借り入れ、返済が可能である点が最大のメリットと考えられます。ATMなどに足を運ぶ必要がありません。繰り上げ返済などの急な変更にも、その場ですぐに対応できます。
今、専業主婦でもかりれる融資サービスが注目されています。ネットバンク系において、一定の収入が審査基準の1つとなっています。収入のない専業主婦単独の利用は困難と考えられます。ただし、財産を共有する配偶者などに安定した収入があり、その同意が得られた場合には、問題なく利用できます。例え専業主婦でもかりれる可能性が十分にあります。

専業主婦でもかりれるローン審査とお試し審査について

パートやアルバイトなどをしている主婦は、有る程度の収入が見込めますのでローンなどの借入は可能です。
しかし、専業主婦の場合になると基本的には本人の収入がありませんので、ローンなどの借り入れは難しいものです。
しかしながら、専業主婦でもかりれるローンというものがあるのです。

専業主婦でもかりれるローンは、専業主婦でもある人の旦那さんの収入などがローン審査の対象になると言います。
本人は収入が無くても、家族でもある旦那さんに安定した収入が見込める場合などでは、借り入れが可能になるわけです。

この場合、旦那さんの収入証明書が必要になったり、旦那さんの同意が必要なケースが有りますが、まずは借りれるか否かを知る事が出来るお試し審査を利用した上で、その可否が決められるのです。
お試し審査は、通常の審査とは異なり、審査基準は簡略化されているといいます。
そのため、お試し審査に通過しても、本来の審査で通らない可能性もあるわけです。

消費者金融や銀行、キャッシング会社などは、借り入れを希望する人の過去の借金の経緯などを調査します。
これは金融業界の中で共通で利用される情報データであり、一種のブラックリストになるものです。
過去に借金をして債務整理をしている場合などではブラックリストに掲載される事になり、一定期間借金をすることが出来ません。
また、多重債務などになっている場合でも借入が出来ないケースが有ると言いますので、お試しでの審査に通っても、本審査で通らない事もあるのです。

専業主婦でもかりれるローン!借り入れに収入証明書は必要!?

確かに、「専業主婦でもかりれるローン」において、借り入れの申し込みをする際に、「収入証明書」の提示を求められる場合はありますね。いや、もう少し厳密に言うのであれば、「収入証明書」の提示を求められる金融会社もあるというところでしょうか。すべての金融会社に言えることではないのですが、本人に安定した収入がない場合においては、配偶者の「収入証明書」の提示をおこなう必要がある場合もあります。それは、当然のことですね。金融会社側としては、もしも万が一に、返済が不可能になってしまうことを防ぎたいのですから。そのような事態になっては、非常に困るのですからね。とはいえ、「専業主婦でもかりれるローン」のなかには、「配偶者」ではなく、本人の給与明細でも可能としているところもあります。「本人の給与明細」とは、たとえばアルバイトの給与明細でも有効ですね。それらを収入の証明書として受け付けてくれる金融会社もありますね。しかし、先にも述べた通り、すべての金融会社が申し込みの際に、専業主婦だからといって門前払いをしているわけではなく、たとえ収入の証明書が提示できなくとも、「保険証」や「住民票」などでも受け付けているところはあります。「保険証」や「住民票」は、配偶者がいるのだということを証明できる書類となりますから、ある程度の信用が得られるというわけなのです。「保険証」や「住民票」は、配偶者の同意がなくとも、提示することはできますから、こちらを利用する人も多いですね。

家族バレが心配な専業主婦でもかりれる借り入れについて

今の時代では、専業主婦でもかりれる借り入れが可能となっています。しかし、貸金業法改正で総量規制が加わったことなど気をつけるべきところももちろんあります。しかし、消費者金融もそのような規制があったとしても、専業主婦でもかりれるようなカードローンを設定するようになっています。その際気になるのは、家族バレしないかどうかです。お金を借りるという行為は今も昔もなんとなく嫌なことです。だからこそ人目を忍んで借りることも多々あります。借り入れをする際に夫の収入証明書や夫の会社や携帯電話などに連絡が入るなどの審査がある消費者金融も存在します。そうなると完全に家族バレしてしまいます。専業主婦が夫の収入の範囲内で家計をやりくりできないとなると、奥さんの立場がありません。奥さんとしても家計が苦しいのは夫の収入が少ないからだと決め付けることは簡単です。それをしないのが夫に対する優しさなのかもしれません。今では夫の収入証明書を必要としない消費者金融のカードローンもたくさん出てきています。そのような場合、審査は簡単なものでご自身の身分証明書があれば、限度額50万円程度の借り入れ枠は確保できる可能性が高くなっています。ただ、複数の会社からカードローンを利用しているとなると、与信枠が減額されたり、金利も上限金利が適用されることがあります。しかし、初めての利用の場合は、それほど神経質になることはないでしょう。もちろん、返済も家族バレしないようにコンビニのATMで簡単に返済可能となっています。

専業主婦でもかりれるクレジットカードのキャッシング枠

私たちが日常的に利用しているものに、クレジットカードがあります。クレジットカードには特徴があり、お金に困った時など専業主婦でもかりれることが挙げられます。他の特徴として、クレジット機能によるショッピング枠とキャッシング枠が存在します。ショッピング枠とは、買い物の支払いで現金を利用せずにカードを利用して、そのカード会社に立て替えてもらうことです。キャッシング枠は、コンビニATMなどの現金自動支払機で現金を借り入れることです。どちらも利用できる限度額が存在しています。この限度額以内であれば、クレジット機能を使うことができます。また、これを利用するということは、借り入れたお金を必ず返済しなければいけません。しっかりとした返済方法を計画して、一括払いか分割払いを決めておくことが考えられます。返済には支払利息という金融機関に支払う手数料が掛かります。借りた金額と支払利息を合わせたものが返済総額になります。このカードは、銀行などの金融機関で、審査に通ると受けとることができます。審査は誰でも受けられ、キャッシングによる現金借り入れでも、審査に通れば専業主婦でもかりれることが魅力です。一般的には、働いて収入を得ていないと審査には通りません。働いていない専業主婦には夫の存在があるので、夫が働いて収入を得ていれば審査に通ります。しかし、いくら専業主婦でもかりれるとは言え、夫に相談も無しに借りることは避けたいです。

専業主婦でもかりれる?ボーナス返済を見込んだだ借り入れ

借り入れの返済方法の1つに、ボーナス返済があります。
ボーナス返済はボーナス時加算、ボーナス時増額返済などとも呼ばれます。一般的に住宅ローンの返済に対して行われます。年2回のボーナス月に、毎月の返済分以外に一定額を加えて返済することを指します。つまりこの方法によると、ボーナス月に関して、通常の支払額とボーナス時加算の合算金額を返済することになり、通常月に比べて多くの返済をすることになります。
ボーナス返済を行うことで、毎月の家計に余裕を持たせることが出来ます。返済期間を短縮して、総支出額を抑える効果も期待できます。
一方、毎月の返済額は軽減されるものの、その分ボーナス時の負担は大きくなります。特に不景気などでボーナスが大きく減った時には注意が必要です。勤務先の業績によってボーナスは大きく変動する可能性があります、あまりボーナスに頼り過ぎない返済計画が必要と考えられます。
因みに多くの金融機関では、返済可能な金額を、借入金額の40~50%に制限しているケースが多いと考えられているます。フラット35に関しては、ボーナス時加算の元金は借り入れ金額の40%とされています。フラット35とは民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している長期固定金利型の住宅ローンを指します。
近年、専業主婦でもかりれる融資が注目されています。借り入れの条件として、一定額の安定した収入が必要となります。従って専業主婦単独の利用は困難と考えられます。
しかし、ボーナス時加算を見込んだ返済を前提の際、自ずと配偶者のボーナス利用が示唆され、配偶者の同意が得られているとみなすことが出来ます。またボーナスが期待できるという点で、ある程度安定した家庭収入を想定することが出来ます。専業主婦の融資申請の場合、財産を共有する配偶者に相応の収入があり、互いに了承済みであれば、例え専業主婦でもかりれる可能性が極めて高まります。

専業主婦でもかりれる消費者金融は審査が簡単

借り入れを行う際は、返済時の事を考えて、無理のない範囲でお金を借りることが重要な事となります。お金を借りた時に生じる「お金を返さなければならない義務」の事を債務と言いますが、個の債務を履行できない状態である、債務不履行になってしまっては、最悪の場合「自己破産」という手段を取らなければならない事もあります。このような危険性を踏まえているために、各種の銀行においては、キャッシング時の審査を厳しくしている所が多いです。定期的に収入があるかどうか、年収はどうか、過去に返済に対して問題を起こした事がないか、という事を細かく調べられる事になります。しかし、定期的に収入がない人でも、急にお金が必要になるという事はよくあります。例えば主婦やフリーターがその例に当てはまります。専業主婦でもかりれる金融機関となると消費者金融という事となります。アルバイトやパートによる収入でもキャッシングが可能なのが、この消費者金融の便利なところという事が出来ます。審査においても、他の所からいくらか借金をしているかどうかという事や、生年月日、他には身元を証明するものを提示するという事です。これは運転免許証や、パスポート等が挙げられます。それゆえに、収入源がパートの場合の専業主婦でもかりれる所が、見どころとなっています。消費者金融の中には、多重債務者に対してもキャッシングを行っている所がありますので、興味のある人は探してみる事をおすすめいたします。