専業主婦でもかりれる?ボーナス返済を見込んだだ借り入れ

借り入れの返済方法の1つに、ボーナス返済があります。
ボーナス返済はボーナス時加算、ボーナス時増額返済などとも呼ばれます。一般的に住宅ローンの返済に対して行われます。年2回のボーナス月に、毎月の返済分以外に一定額を加えて返済することを指します。つまりこの方法によると、ボーナス月に関して、通常の支払額とボーナス時加算の合算金額を返済することになり、通常月に比べて多くの返済をすることになります。
ボーナス返済を行うことで、毎月の家計に余裕を持たせることが出来ます。返済期間を短縮して、総支出額を抑える効果も期待できます。
一方、毎月の返済額は軽減されるものの、その分ボーナス時の負担は大きくなります。特に不景気などでボーナスが大きく減った時には注意が必要です。勤務先の業績によってボーナスは大きく変動する可能性があります、あまりボーナスに頼り過ぎない返済計画が必要と考えられます。
因みに多くの金融機関では、返済可能な金額を、借入金額の40~50%に制限しているケースが多いと考えられているます。フラット35に関しては、ボーナス時加算の元金は借り入れ金額の40%とされています。フラット35とは民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している長期固定金利型の住宅ローンを指します。
近年、専業主婦でもかりれる融資が注目されています。借り入れの条件として、一定額の安定した収入が必要となります。従って専業主婦単独の利用は困難と考えられます。
しかし、ボーナス時加算を見込んだ返済を前提の際、自ずと配偶者のボーナス利用が示唆され、配偶者の同意が得られているとみなすことが出来ます。またボーナスが期待できるという点で、ある程度安定した家庭収入を想定することが出来ます。専業主婦の融資申請の場合、財産を共有する配偶者に相応の収入があり、互いに了承済みであれば、例え専業主婦でもかりれる可能性が極めて高まります。