家族バレが心配な専業主婦でもかりれる借り入れについて

今の時代では、専業主婦でもかりれる借り入れが可能となっています。しかし、貸金業法改正で総量規制が加わったことなど気をつけるべきところももちろんあります。しかし、消費者金融もそのような規制があったとしても、専業主婦でもかりれるようなカードローンを設定するようになっています。その際気になるのは、家族バレしないかどうかです。お金を借りるという行為は今も昔もなんとなく嫌なことです。だからこそ人目を忍んで借りることも多々あります。借り入れをする際に夫の収入証明書や夫の会社や携帯電話などに連絡が入るなどの審査がある消費者金融も存在します。そうなると完全に家族バレしてしまいます。専業主婦が夫の収入の範囲内で家計をやりくりできないとなると、奥さんの立場がありません。奥さんとしても家計が苦しいのは夫の収入が少ないからだと決め付けることは簡単です。それをしないのが夫に対する優しさなのかもしれません。今では夫の収入証明書を必要としない消費者金融のカードローンもたくさん出てきています。そのような場合、審査は簡単なものでご自身の身分証明書があれば、限度額50万円程度の借り入れ枠は確保できる可能性が高くなっています。ただ、複数の会社からカードローンを利用しているとなると、与信枠が減額されたり、金利も上限金利が適用されることがあります。しかし、初めての利用の場合は、それほど神経質になることはないでしょう。もちろん、返済も家族バレしないようにコンビニのATMで簡単に返済可能となっています。