専業主婦でもかりれる?ネットバンク系での借り入れ利用時のメリット

IT化の普及により、近年急増し注目を集めているのがネットバンクです。
ネットバンクは、窓口店舗を持たない、インターネット専門の銀行を指します。入出金は提携銀行、郵便局、コンビニのATMから行われます。店舗がない為、維持費や人件費のコストがかかりません。メリットとして、その分を顧客サービスへ還元することが出来ます。
ネットバンクは一般銀行に比べ、いくつかの大きな特徴があります。
まず、24時間365日利用可能です。各種手数料が低めに設定され、逆に預金金利は高めに設定されています。また、振込、振替、入出金照会など一通りの手続きがパソコン、携帯を通してネット上で行うことが出来ます。
カードローンには様々な種類が存在しますが、その1つにネットバンク系があります。提供元はネットバンクですが、提供パターンとして、銀行自ら行う場合と、提携金融機関が行う場合が挙げられます。
このサービスに関し、借り入れる際のメリットを順番に説明していきます。
まず1つ目は、金利が低い点です。一般的に銀行系の金利は他の金融会社に比べて低めに設定されています。ネットバンク系は、ネットバンクの特性上更に低めの設定が可能と言えます。
2つ目は、借り入れ、返済が便利であるという点です。パソコン、携帯から即借り入れ、返済が可能である点が最大のメリットと考えられます。ATMなどに足を運ぶ必要がありません。繰り上げ返済などの急な変更にも、その場ですぐに対応できます。
今、専業主婦でもかりれる融資サービスが注目されています。ネットバンク系において、一定の収入が審査基準の1つとなっています。収入のない専業主婦単独の利用は困難と考えられます。ただし、財産を共有する配偶者などに安定した収入があり、その同意が得られた場合には、問題なく利用できます。例え専業主婦でもかりれる可能性が十分にあります。