ATMから申し込める専業主婦でもかりれる借り入れ先とは

2010年に総量規制という法律が制定され、借金は年収の3分の1までの金額と決められました。
これにより、収入のない専業主婦は自動的に借金ができないということになり、一時マスコミにも騒がれて話題になりました。
家計を預かることが多い専業主婦の方が、なにかあったときにお金を借り入れる機関がないとなると、家族の生活が立ち行かない状況になる可能性もありますよね。

そんなときに知っておくと便利なのが、『銀行系カードローン』です。
銀行系カードローンは総量規制の対象とはなっていないカードローンなので、収入のない専業主婦でもかりれるのです。
配偶者の年収をベースに借り入れの申込みをすることができ、手続きの際にも配偶者の収入証明書や同意書などの面倒な書類も必要ありません。
基本的にパスポートや運転免許証などの身分を証明する書類のみで手続きをすることが可能です。
申込みは自宅でインターネットから行うこともできますし、インターネットの接続環境がない方であれば、銀行に設置してある専用のATMからも申込みが出来ます。
審査もとてもスピーディなので、即日融資を受けることが可能なので、すぐに現金を手にしたい方には大変便利です。
さらに、利息も比較的低く設定されているので、その点もうれしいですね。

銀行系カードローンは、計画的に利用することさえ気をつければ、とても便利な存在です。
このような専業主婦でもかりれる方法を知っていれば、なにかあったときにとても安心だと思うので、覚えておくと良いでしょう。