専業主婦でもかりれるネットバンク系カードローンのメリットとデメリット

2010年6月に総量規制という法律が制定されて以降、収入がない人の借金が大変難しくなりました。
総量規制は、借金できる上限額を年収の3分の1までの金額に制限する法律なので、収入がゼロの人はおのずと借り入れ可能額もゼロになってしまうためです。
しかし、いくら収入がないとはいえ、家計を預かることが多い主婦の方が、なんらかの事情でお金が必要となったときに、お金を借りられないというのでは、本当に困りますよね。
そんなときに知っておくと便利なのが、銀行系カードローンです。
銀行系カードローンは、実は総量規制の対象にはなっていないカードローンなので、配偶者の年収をベースに専業主婦でもかりれる方法なのです。
しかも、配偶者の方の収入証明書や同意書は必要ないので、ご主人に内緒で借り入れを申し込むことも可能です。
そして、もともと銀行系カードローンは消費者金融のものに比べても、比較的金利が低いのが特徴なのですが、ネットバンク系のカードローンの場合はさらに金利が優遇されていることが多いです。
それは、ネットバンク系は銀行窓口などを基本的に設けていないため、人件費が少なくて済むため、この部分がカードローンの金利に反映されているのです。
ただし、銀行窓口がないということは、すべてインターネット上で手続きをしなければならないということであり、インターネット接続環境がない人や操作が苦手な人には向かない、というデメリットもあるのです。

しかし、銀行系カードローン(なかでもネットバンク系)は、専業主婦でもかりれるうえに、利息が低いというメリットもあるため、知っておくと大変便利な借り入れ方法です。